【筋トレ向き最強チャーハンの作り方】ステーキを大量投入したバルクアップ食事メニュー



バルクアップ筋トレ後の食事メニューとして最適な、最強レベルにタンパク質強化を行ったチャーハンをご紹介します。

チャーハンと言えば、あまり筋トレ向きではないイメージがありますが、具と米の比率を適切に調整すれば、非常に有効な筋肥大メニューにすることが可能です。



■バルクアップ炒飯の材料



こちらが、今回の材料の赤身牛肉ステーキ肉(肩ロースとハラミ)・卵・玉ねぎ・アスパラ・パプリカです。

なお、ステーキにはスーパーで売っている格安の食材を利用しています。

■バルクアップ炒飯の作り方



まずは、味の深みを生む玉ねぎを、フードプロセッサーでみじん切りにし、弱火で飴色になるまで炒めていきます。

焦って強火で炒めると、焦げてしまいますので注意してください。



玉ねぎが飴色に炒め上がったら、刻んだアスパラとパプリカを入れて、中火で炒めていきます。



アスパラとパプリカに火が通ったら、野菜類はひとまずお皿に移します。



次に、炒り卵を作ります。テフロン加工のフライパンを使えば、油を使う必要がないのでカロリーカットに最適です。



炒り卵も、いったん先ほどのお皿に移します。



続いて、赤身牛肉のステーキを炒めていきます。



赤身牛肉に火が通ったら、肉:米=1:1になるようにご飯を加えて炒めていきます。

筋トレに最適なタンパク質食品と炭水化物食品の割合は、だいたい1:1ですので通常のチャーハンよりはかなりご飯は少なめです。



肉とご飯が馴染むまで、米を潰さないように気をつけて炒め、余分な水分をとばします。



仕上げに、先ほどの炒めた野菜類と炒り卵を加え、しっかりと混ぜながら炒めて出来上がりです。



出来上がりました。ステーキ肉がゴロゴロしていて、とても美味しそうです。



簡単に作れて美味しく、筋肥大に最強レベルの効果がありますので、是非お試しください。

スポンサーリンク


アームレスリング器具とパワーリフティングギア専門店




スポンサーリンク






■BUKIYAグッズのご紹介


筋トレにおすすめの器具グッズ類は、下記の記事でさまざまなタイプがご確認いただけます。

▼おすすめの記事

【筋トレにおすすめの器具グッズ】自宅用からジム用までご紹介


▼武器屋商品一覧

武器屋【公式】鬼・GLFIT|トレーニングギア一覧ページ