【イベリコ豚の塩豚丼】シンプルイズベストなレシピ例|決め手は胡椒の煎り方



イベリコ豚の食べ方・レシピのなかでもシンプルイズベストな料理方法が「塩豚丼」です。イベリコ豚の特性を活かした作り方をご紹介します。

●イベリコ豚とは?


・スペイン政府公認の肉だけが名乗れる




イベリコ豚は、スペイン語でCerdo Ibéricoと呼ばれる豚の名称で、品種としては、イベリア種の純血個体、または、イベリア種とデュロック種を交配させた豚(イベリア種の血統が50%以上であること)のなかでも、スペイン政府が認証したものにかぎりイベリコ豚と呼びます。

●イベリコ豚のランクって


・四つのランクに分けられる


stars-720213_960_720.png

イベリコ豚の格付け・ランキングは食べた飼料、血統、放牧環境や体重増加率によって決められますが、簡単に説明すると以下のようになります。

○デ・ベジョータ

放牧期にどんぐりを食べ、なおかつ放牧期間前と比べ出荷時に46%以上の体重増加があり、肉質が決められた基準をクリアしたイベリコ豚

○デ・レセボ

出荷時の体重増加がべジョータの基準に満たず、引き続き自然餌入りの人工飼料を与え、体重を増加させたイベリコ豚。2014年に正式には廃止されたランキング名。

○デ・セボ・デ・カンポ

最低60日間の放牧期間があり、自生植物、穀物飼料を与えて肥育させたイベリコ豚。

○デ・セボ

穀物飼料だけで肥育されたイベリコ豚。

※べジョータのなかでも最高品質のものをレアル・べジョータと呼称する場合もあります。

●イベリコ豚の塩豚丼の作り方




イベリコ豚の塩豚丼で最大のポイントは、塩コショウの煎り方です。これは、イベリコ豚のステーキを焼く時と同じで、フライパンで塩コショウを空煎りし、風味を高めてから肉を焼いていきます。



なお、イベリコ豚最大の旨みである脂に雑味を混ぜないように、植物油などは使わず、イベリコ豚の持つ脂だけで焼いていきます。また、美味しく焼くためには、1枚ずつ丁寧に焼いていくことが大切です。



このように、7~8割りがた焼いてはフライパンの端に寄せ、丁寧に焼いていきます。



1枚1枚いつくしむように焼きたいものですね。



焼き上がりました。刻みネギを加えて、さっと仕上げます。



イベリコ豚の持つ、芳醇な香りが食欲をそそります。



イベリコ豚は脂質が多めですので、見た目以上にお腹が一杯になります。ご飯は軽めにしておきましょう。



なお、フライパンに残った脂に醤油を混ぜて、軽く焦がすとアクセントばっちりのタレが出来上がります。



ゆで卵を追加し、醤油タレもかけて出来上がりました。

さすがに、豚丼としては最高レベルの美味しさでした。是非、お試しください。

●推奨の記事


iberiko.jpg

?p=12193">【イベリコ豚のおすすめレシピ集】美味しく簡単な家での料理の作り方や食べ方をプロトレーナーが解説

スポンサーリンク