【話題のカラムーチョ鍋スープの試食・個人的口コミ評価】たしかにそのままの味で不思議に美味しかった



話題のカロムーチョ鍋スープを試食しましたのでレポートします。

●カラムーチョ鍋スープとは?


カラムーチョ鍋スープは、カラムーチョの販売元であるコイケヤ(株式会社湖池屋)の監修のもと、調味料メーカーのダイショー(株式会社ダイショー)が共同開発・販売する鍋用のスープです。味は辛口と中辛の二種類がラインナップされています。

その、商品概要は以下の通りです。

・カラムーチョ鍋スープ辛口



・栄養成分1人前232gあたり


エネルギー:97kcal
たんぱく質:3.2g
脂質:2.6g
炭水化物:15.5g
食塩相当量:7.2g

・原材料名


砂糖(国内製造)、しょうゆ、みそ、食塩、ローストガーリックパウダー、チキンコンソメ、大豆油、赤唐辛子、酵母エキス、オレガノ、クミン、パプリカ、フライドオニオンパウダー/調味料(アミノ酸等)、着色料(パプリカ色素、カラメル)、増粘剤(キサンタン)

・カラムーチョ鍋スープ中辛



・栄養成分1人前232gあたり



エネルギー:97kcal

たんぱく質:3.2g

脂質:2.6g

炭水化物:15.5g

食塩相当量:7.2g




・原材料名



砂糖(国内製造)、しょうゆ、みそ、食塩、ローストガーリックパウダー、チキンコンソメ、大豆油、赤唐辛子、酵母エキス、オレガノ、クミン、パプリカ、フライドオニオンパウダー/調味料(アミノ酸等)、着色料(パプリカ色素、カラメル)、増粘剤(キサンタン)

※以上、データ参照「カラムーチョ鍋スープ公式ページ」より

●カラムーチョ鍋スープの試食


・ジャガイモを入れるのがポイント




カラムーチョ鍋スープの具材は、基本的に「キムチ鍋」をイメージしてシンプルに揃えました。豚肉・豆腐・シメジ・白菜です。そして、パッケージに調理例にも記載されていますが、やはりポテトスナックのカラムーチョの味ですので、ジャガイモを入れることがポイントです。

●カラムーチョ鍋スープの作り方




豚肉系鍋の美味しい作り方のポイントは、豚肉が鍋スープに臭みやアクを出さないように、あらかじめ炒めた豚肉を使用することの一点です。



あとは、カットした白菜を鍋の底に敷き、スライスしたジャガイモ、カットした豆腐、しめじ、炒めた豚肉をセットし、カラムーチョ鍋スープを注いで過熱するだけです。

鍋スープを開けて注いだとたん、「すでにあのカラムーチョの香りそのまま状態」です。スパイシーな香りが食欲をそそります。



出来上がりました。

今回は、あのカラムーチョということもあり、少し安全策をとって辛口ではなく中辛スープにしましたが、意外と辛味は抑えられており、一般的なキムチ鍋スープ程度の辛さでした。

辛いのが平気という方は、はじめから辛口にチャレンジすることをおすすめします。

味のほうは、まさにカラムーチョそのままですが、豚肉や豆腐に相性がよいのに驚かされました。

そして、何よりも、やっぱりジャガイモが美味しいです。

ということで、実際に試食してみての個人的口コミ評価は、文句なしの★★★★★星5つです。

スポンサーリンク