【高級材料の手巻き寿司】具材を節約しないネタの準備の仕方と美味しい食べ方レシピ


お祝い事などにもぴったりな、家庭で作る高級材料の手巻き寿司のネタの準備の仕方・美味しい食べ方・レシピなどについてご紹介します。

●ネタはやはり生にかぎる




今回の材料の、天然ツバス(ハマチよりワンサイズ小さなブリ)・生サーモン・生マグロと土佐の藁焼きタタキです。藁焼きタタキだけ、生が手に入りませんので高知の明神水産の冷凍ものです。

手巻き寿司のネタである刺身は、筆者の生活する伊勢志摩地方では基本的に冷凍せずに生で食べるものですが、都会に暮らす方々にとっては、手に入りにくい、または高価なものかと思いますが、やはり解凍ものと生では「美味しさの次元が違う」ほどの差異がありますので、せっかくのお祝い事などであれば、ふんぱつしましょう。

●一番美味しいネタの作り方は自分でさばく




ネタ刺身の一番美味しい作り方は、すでにカット加工されているものではなく、自分で一本なりの魚をさばくことです。

少し考えればわかることですが、細かくカットされた刺身は切断面全てが空気に触れ、時間の経過とともにどんどん風味が劣化していきます。

一本なりの入手が困難であれが、ブロックものを購入し、食べる直前に自分で切り分けるのがベストです。



なお、ブリ・ハマチ・ツバスのさばき方の基本は、こちらの動画で詳しく解説されていますのでご参照ください。

●寿司ネタの切り方・盛り付け方




寿司ネタは具材の節約などを考えずに、1cm角×長さ10cmほどに切るのが美味しい食べ方です。あまり刺身を小さく切ると、本来の風味が楽しめませんので注意してください。

また、盛り付けはさばいた魚のなか落ち・頭部を使うと豪華さが演出できます。

●海苔は食べる直前に焼く



海苔は焼き海苔ではなく、生海苔(焼く前の海苔)を準備し食べる直前に家庭のコンロで焼いて食べるのがもっとも美味しい食べ方です。香ばしさや風味が別格です。

今回は、高級な具材を節約せずに、贅沢にいただくためのベストな方法をご紹介しました。ぜひ、お試しください。

●和牛A5肉・イベリコ豚・うなぎもおすすめ




また、刺身以外にも和牛A5肉やイベリコ豚、国産うなぎなどもおすすめの具材です。

写真は、生マグロ・生サーモン・土佐藁焼きたたき・国産うなぎ・姫路あなご・佐賀牛A5・イベリコ豚などを使った高級家庭手巻き寿司です。

ぜひ、ご参照ください。

スポンサーリンク