【豆乳ダイエット完全版】やり方・方法と成功例|プロテイン・パイン・きなこ・バナナ・青汁・ココアとコラボ!

milk-1223800_960_720.jpg

成功例が多いと話題の豆乳ダイエットのやり方を詳しく解説するとともに、プロテイン・パイン・きなこ・バナナ・青汁・ココアなどとコラボしてさらにダイエット効果を高める方法についてもご紹介します。まさに、豆乳ダイエットの全てがわかる【完全版】です。

●そもそも豆乳って?


・大豆をすりつぶして乳状にしたもの


soybeans-182295_960_720.jpg

豆乳とは、水に浸した大豆をすりつぶしたものに水分を加え煮つめた汁をもとにした飲料です。豆乳は牛乳によく似た外観と味をしており、若干の大豆特有の香りがあるものの、その風味を好む人も少なくない人気の健康食品です。また、飲みにくいと感じる人むけに果汁や糖分を添加して飲みやすくした加工飲料も数多く販売されています。

上記の豆汁をそのまま濾過しただけの豆乳を「無調整豆乳」と呼び、味や香りが添加されたものは「調製豆乳」として区別されています。近年は、大豆の青臭さ自体を抑える技術が発達してきており、無調整豆乳でも十分のみやすい飲料が増えてきています。

●豆乳と牛乳の栄養・カロリーを比較


では、豆乳と牛乳の栄養やカロリーを比較するとどうなるのでしょう?

こちらが、標準的な豆乳の栄養・カロリーです。

分量100ccあたり

カロリー:45kcal

脂質:2g

炭水化物:3.1g

食物繊維:0.2g

タンパク質:3.6g

一方、こちらが標準的な牛乳の栄養・カロリーです。

分量100ccあたり

カロリー:66kcal

脂質:3.8g

炭水化物:4.8g

食物繊維:0g

タンパク質:3.3g

その差は一目瞭然ですね。ダイエットに適しているのは「高タンパク質低脂肪低カロリー」ということは皆さんご存知かと思いますが、豆乳は牛乳に比べて「タンパク質が多く」「脂質が少なく」「カロリーが低い」と三拍子揃っているのです。しかも、ダイエット時におこりがちな便秘を防いでくれる「食物繊維が豊富」なのも、さらにダイエット向き飲料ですね。

また、これに加えて豆乳には大豆由来のレシチンという脂肪燃焼効果があるとされている成分も豊富に入っていますので、一石三鳥のスーパーダイエット飲料なのです。

●豆乳ダイエットのやり方と成功例


●朝昼晩の食事の前にコップ一杯の豆乳を飲むだけ




では、豆乳ダイエットの実際のやり方はどうなのでしょう?

実は、そのやり方はいたって簡単です。朝食・昼食・夕食の前にコップ一杯の豆乳を飲むだけです。そもそも、食事の前に水分をとると満腹感があり、食事の量は少なくても満足できます。それを水のかわりにタンパク質と食物繊維の豊富な豆乳を飲むのですから、実際にやってみると、普段の7割程度の食事量でも満足できてしまいます。

そして、豆乳は低カロリーな上に、新陳代謝に必要なタンパク質は多いのですから、筋肉や内臓は痩せずに健康的にダイエットが出来てしまうのです。

●実際の成功例と口コミをネットからご紹介




そんな豆乳ダイエットの成功例と口コミを、ダイエット愛好者が集うネットダイエット板から抜粋してご紹介します。

「現在ダイエット2ヶ月目に突入!体重は-5.2キロです。【起床後】5分程度の軽い運動(眠気のせいで適当になってしまうので効果はないかも…でも、運動後は眠気がすっきり!)【朝食】スキムミルクヨーグルト・野菜ジュース1カップにお酢大2を加えたもの(咀嚼しないから満腹感が得られない?と思ったけど、結構お腹にずっしりきます)【昼食】グラノーラに調整豆乳をかけたもの(ドライフルーツは甘さがあるので、間食をしなくてもストレスは溜まらないような気がします)【夕食】食事前に納豆を1パック食べる(お腹がいっぱいになって、自然と食事の量が減ります)【就寝前】15分程度の運動 夕食に好きなものが食べられるのであんまりストレスを感じないし、栄養の面でもそれほど悪くないと思います。運動もきつくないものしかしていないので、結構続けられそうです。」

「本屋で豆乳ダイエットの本を購入!豆乳をそのまま飲めない私は野菜ジュースとブレンドして飲みました。朝と夜2回実行しました。二週間で3・5キロのダイエットに成功!辛い時もあるけど成果は出ますよ~。」

「朝は炭水化物含めてしっかり食べる。 昼は、豆乳を200ccほど飲んで、ヨーグルト など乳製品中心にカロリー抑え目。 夜は、家族と同じものを食べたいので、ご飯は 発芽玄米の混ざったものを茶碗半分以下、野菜 を多めのメニューにしています。 私も主人もここ3ヶ月で4キロ弱減りました。」

引用文:口コミナビ・ダイエット広場

たくさんの嬉しい成功の声が寄せられていますね。

●プロテインダイエットと豆乳を組み合わせる


●ソイプロテインを豆乳に溶かして朝ご飯のかわりにする


明治 ザバス ソイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

画像引用:Amazon

ダイエットに興味のある読者の方なら「プロテインダイエット」というのを聞いたことがありますよね。プロテインダイエットとは、高タンパク質低カロリーのプロテインを朝食のかわりにすることで、新陳代謝に必要なタンパク質は摂取しながらも無駄なカロリーは抑えようというダイエット方法です。その考え方は「豆乳ダイエット」にも共通のものがあり、「豆乳ダイエット」と「プロテインダイエット」の組み合わせは、実は「最強のダイエット方法の一つ」とされており、階級制のスポーツ選手なども試合に向けた減量に取り入れているほどです。

筆者や当ジムに所属の競技選手は、ほとんどが階級制競技の選手なので、実際に試合に向けた減量で「豆乳プロテイン」を活用する選手も少なくないんですよ。

その方法は、いたって簡単です。上の写真のプロテインは大豆を原材料にした減量用の「ソイプロテイン・ウエイトダウンタイプ」というもので、それを180ccほどの豆乳に溶かして朝食のかわりするだけです。大豆でできたプロテインを大豆でできた豆乳に溶かすのですから、その大豆パワーは倍増です。

なお、豆乳プロテインダイエットにおすすめの、実際に筆者や選手が使用しているソイプロテインが以下のものです。ダイエット食品として販売されているプロテインは必要以上に高価ですが、スポーツ競技用のものなら成分はかわらずかなりリーズナブルです。

●その他の豆乳と組み合わせ食品


豆乳ダイエットには組み合わせて飲むとよいとされる食品がたくさんあります。その効果の理由を科学的に説明しながらご紹介していきたいと思います。

●パイナップル+豆乳


pineapple-636562_960_720.jpg

パイナップルはタンパク質の吸収を助ける酵素が含まれることから、スポーツ競技者の間では古くから「魔法のフルーツ」と呼ばれています。

豆乳と組み合わせることで、その有効成分の吸収率が格段に向上するとされています。

●きな粉+豆乳


curry-13282_960_720.jpg

きな粉は大豆の粉なので、先にご紹介したソイプロテイン+豆乳の組み合わせと同じく、豆乳の成分を強化することができます。

ただし、きな粉はプロテインのように水には溶けないので、ミキサーなどを使う必要があるでしょう。

●バナナ+豆乳


bananas-652497_960_720.jpg

バナナは、バナナダイエットがあるくらいですからダイエットにはとても相性のよい食品です。

ミキサーでバナナ豆乳ジュースにし、朝食のかわりに置き換えダイエットをするのが効果的なやり方です。

●青汁+豆乳


green-juice-769129_960_720.jpg

やや飲みづらい組み合わせではありますが、青汁には新陳代謝を活発にしてくれるビタミン群やミネラル群が豊富です。

少々のことは我慢してでも結果を出したい…そんな人におすすめの組み合わせですね。

●ココア+豆乳


hot-chocolate-1058197_960_720.jpg

意外と知られていませんが、ココアにはゴボウよりも多くの食物繊維が含まれています。また、ポリフェノールやテオブロミンといった新陳代謝を高める成分が豊富なのは有名な話ですね。

できれば、砂糖の入っていない純ココアパウダーと組み合わせたいですね。

スポンサーリンク