【金欠時の筋トレには魚肉ソーセージ】冷凍ハンバーグとのコラボが最強



筋トレをしてバルクアップを目指すなら、給料日前などの金欠時にもしっかりとタンパク質を摂取したいものですが、そんな時に筆者もいつもお世話になっているのが魚肉ソーセージです。また、マルシンハンバーグなどを安い時にまとめ買いして冷凍保存しておけば、二つを組み合わせて最安値で最強の筋肉飯が作れます。



■魚肉ソーセージのカロリー・栄養素

●高タンパク質で筋肉合成カロリーも十分



こちらが、今回の材料の魚肉ソーセージ・マルシンハンバーグ・卵二個です。魚肉ソーセージとマルシンハンバーグのカロリー・栄養素は次の通りです。



この二つに卵二個を組み合わせると、タンパク質30g以上となり、一食あたりのタンパク質としては十分であることがわかります。

■魚肉ソーセージの調理法

●塩コショウでカリっと焼くと美味しい



魚肉ソーセージとマルシンハンバーグの調理法はいたって簡単で、テフロン加工のフライパンで油を使わずに蒸し焼きにするだけです。



まずは、強火で魚肉ソーセージとマルシンハンバーグの両面をカリっと焼き、その後に卵を加えて弱火にし、水を少量入れて弱火で蒸し焼きにするだけです。

蒸し焼きの前に、表面をカリっと焼いておくのが風味を増すためのポイントです。



後は、目玉焼きが好みの焼き具合になるまで加熱したら出来上がりです。



簡単かつ最安値で、たっぷりとタンパク質が摂れますので、是非お試しください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク