【亀田の柿の種味カップ焼きそば】実食レビューと筋トレ最適化



話題の「亀田の柿の種味カップ焼きそば」を試食しましたので、その感想をご報告するとともに、筋トレに最適な食事になるよう、タンパク質を追加しましたので、その過程をご紹介します。





こちらが、今回の材料の「亀田の柿の種味焼きそば」と豚肉・ネギ・キムチです。

辛い柿の種味になじむよう、追加するタンパク質は豚キムチにしました。



まずは、豚肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



豚肉に少し火が通ったら、大きめに刻んだネギを追加し、さらに炒めていきます。



豚肉とネギにしっかりと火が通ったら、キムチを追加して蒸し焼きにします。



亀田の柿の種味カップ焼きそばにお湯を注ぎます。構造は一般的なカップ焼きそばとかわりません。



蓋をして、蓋の上にソースを乗せて出来上がりを待ちます。



一方、豚キムチも出来上がりました。



亀田の柿の種味カップ焼きそばも出来上がり、お湯を切ってソースをかけます。赤い色の粉末ソースで、ほのかに柿の種の香りがします。



焼きそば本体はかき混ぜて出来上がりですが、あきらかにタンパク質不足です。



先ほどの豚キムチをたっぷりとトッピングして完成です。



味のほうは、ほのかに柿の種の風味がしますが、基本的にはソース味に寄せられている印象でした。


スポンサーリンク


スポンサーリンク