【朝食におすすめのボロニアソーセージエッグ】筋トレ翌朝に最適な簡単朝ご飯



タンパク質が豊富で簡単に作れ、筋トレ翌朝の朝ご飯におすすめのボロニアソーセージエッグの作り方をご紹介します。

■ソーセージの種類とは?




ソーセージは豚肉などの挽き肉に香料と塩を加え、腸詰めにしたのち薫製にした保存食です。

日本の農林規格では、直径20mm未満のものをウインナーソーセージ、直径20mm~36mmのものをフランクフルトソーセージ、直径36mm以上のものをボロニアソーセージと区分しています。

また、乾燥させてさらに保存性を高めたドライソーセージには、サラミやカルパスなどがあります。

■筋トレ向きボロニアソーセージエッグの材料



こちらが、こんかいの材料のスライスボロニアソーセージと卵2個です。

■筋トレ向きボロニアソーセージエッグの作り方



まずは、テフロン加工のフライパンで油を使わずにボロニアソーセージを焼いていきます。ソーセージに含まれる脂質だけで十分です。



ボロニアソーセージがある程度焼けてきたら、卵を加えます。



味付けはシンプルに塩コショウだけです。



弱火にし、水を少し加えて蓋をして加熱して仕上げます。



出来上がりました。後はお皿に盛り付けるだけです。



カリカリっとしたボロニアソーセージの食感ととろみのある黄身の旨みが混ざり合って絶妙ですので、是非お試しください。
スポンサーリンク


スポンサーリンク