【高級な刺身の美味しい食べ方】自宅でワイルドに味わうなら短冊切りがベスト


高級な生刺身を買ったら、最大限美味しく食べたいものですが、その家庭での切り方・食べ方をご紹介します。

●刺身はやはり生にかぎる



今回の材料の、天然ツバス(ハマチよりワンサイズ小さなブリ)・生サーモン・生マグロと土佐の藁焼きタタキです。藁焼きタタキだけ、生が手に入りませんので高知の明神水産の冷凍ものです。

刺身は、筆者の生活する伊勢志摩地方では基本的に冷凍せずに生で食べるものですが、都会に暮らす方々にとっては、手に入りにくい、または高価なものかと思います。

生の刺身をいつも食べている筆者が、おすすめの切り方・食べ方をご紹介しますので、生刺身を手に入れたら、是非お試しください。

●刺身はさばいて食べるのが一番美味しい



刺身の一番美味しい食べ方は、すでにさばかれて加工されたものよりも、一本なりの魚を自分でさばいて食べる方法です。

今回は一本なりのツバスを入手しましたので、さっそくさばいていきます。まずは、三枚に下ろします。


三枚に下ろしたら、皮をはいでいきますが、包丁を当てながら身がはがれないように皮だけはいでいきます。


三枚におろした半身の皮をはいだら、肋骨をスライスするように取り除き、中骨をピンセットなどで取り除くき、刺身に切っていきます。

●刺身は短冊切りが一番美味しい




なお、刺身は小さく切らずに、写真のように短冊きりにして豪快に食べるのが一番美味しい切り方・食べ方です。

ぜひ、お試しください。

●なか落ちも無駄なく煮付けに



なお、さばいたツバスのなか落ちは、このように煮付けにすると捨てるところなく美味しくいただけます。

スポンサーリンク