筋トレ効果をMAXにするゆで卵の個数はご飯一杯に対して何個?ベストなレシピのご紹介

20170612164847282.jpg

ネット上でもよく話題になっているのが、筋トレ効果を高めるためには「ゆで卵を何個食べればいい?」というものですが、この答えを出すためには、卵のタンパク質量だけでなく、その脂質カロリーと同時に食べるご飯のカロリーも考慮して算出する必要があります。

それらの疑問に対して、科学的に数値を算出するとともに、ベストな卵料理レシピをご紹介します。



■ご飯一杯に対してベストなゆで卵の個数は?



●卵だけだと5個は必要

・卵1個(中)50gのカロリー・栄養素

エネルギー:76kcal
タンパク質:6.15g (24.6kcal)
脂質:5.15g (46.35kcal)
炭水化物:0.15g (0.6kcal)

・ご飯一膳のカロリー・栄養素

エネルギー:269kcal
タンパク質:4g (16kcal)
脂質:0.48g (4.32kcal)
炭水化物:59.36g (237.44kcal)

こちらが、標準的な卵かけご飯のカロリー・栄養素です。タンパク質合計約10g(40kcal)に対し、カロリー成分は合計約300kcalと高く、筋肥大バルクアップに理想的な栄養素配分、つまり「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3から大きくかけ離れていることがわかります。

この数値を理想値に近づけるためには、ご飯一膳に対して最低でも卵5個を入れて、総タンパク質約35g(140kcal)、総脂質+炭水化物カロリー約500kcalにする必要がありますが、これでやっと、タンパク質:筋肉合成カロリー=1:2.8と理想値になります。

■理想的なゆで卵丼を実際に制作



先の項目で算出したように、ご飯一杯に対してベストとなる卵5個を使った丼を実際に作りました。



まずは、いつものレンジピヨでゆで卵を作っていきます。



難しい火加減や茹で時間を調整する必要がなく、チンするだけで簡単にゆで卵が作れるので、とても重宝しています。

▼レンジピヨとは?

【レンジピヨ】電子レンジでプロ並みのゆで卵が作れる便利な時短調理キッチン器具

なお、今回は5個用意した生卵のうち、3個をゆで卵にし、2個はスクランブルエッグにすることにしました。

なぜならば、さすがにゆで卵5個は飽きてしまうからです。



2個の卵は溶き卵にした後、スクランブルエッグにしました。



そして、先ほどのご飯一杯の上に乗せます。



レンジピヨで作ったゆで卵を半分に切り、その上にトッピングします。



アクセントに低カロリーマヨネーズもトッピングしました。



なお、いつも愛用しているカロリー80%OFFのマヨネーズについては、下記の記事でご紹介しています。

▼関連記事

【超低カロリーなタルタルソースの作り方】豆腐も使ったヘルシーレシピ



仕上げに、醤油をかけて出来上がりです。是非、お試しください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク