【筋トレ向き牛乳煮込みハンバーグ】筋肥大バルクアップに最適な高タンパク質レシピ



バルクアップ筋トレ後に最適な牛乳煮込みハンバーグの作り方をご紹介します。




■牛乳のカロリー・栄養素


牛乳コップ一杯200cc(206g)あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:138kcal
タンパク質:6.8g (27.2kcal)
脂質:7.83g (70.47kcal)
炭水化物:9.89g (39.56kcal)


飲料としてはずば抜けて高タンパク質で、なおかつ十分な筋肉合成カロリーが含まれており、バルクアップ筋トレの筋肥大に対して高い効果があることがわかります。

同量の牛乳に含まれるビタミン類は以下の通りです。

ビタミンA:78.28μg
ビタミンD:0.62μg
ビタミンE:0.21mg
ビタミンK:4.12μg
ビタミンB1:0.08mg
ビタミンB2:0.31mg
ナイアシン:0.21mg
ビタミンB6:0.06mg
ビタミンB12:0.62μg
葉酸:10.3μg
パントテン酸:1.13mg
ビオチン:3.71μg
ビタミンC:2.06mg

特に、糖質やタンパク質の代謝に関与し、筋肉合成プロセスで重要な働きをするビタミンB群が多く、ビタミン的にも筋肥大に有効であることがわかります。

同量の牛乳に含まれるミネラル分は以下の通りです。

ナトリウム:84.46mg
カリウム:309mg
カルシウム:226.6mg
マグネシウム:20.6mg
リン:191.58mg
亜鉛:0.82mg
銅:0.02mg
ヨウ素:32.96μg
セレン:6.18μg
モリブデン:8.24μg

骨の材料となるカルシウムのほか、ホルモン分泌に関与する亜鉛、窒素代謝(筋肉の新陳代謝)に関わるモリブデンが特に多く含まれ、やはり身体作り・筋肉作りに優れた食品であることがわかります。

■牛乳煮込みハンバーグの材料



こちらが、今回の材料の冷凍ハンバーグ・牛乳・キャベツ・ニンジンです。

■牛乳煮込みハンバーグの作り方



まずは、冷凍ハンバーグを解凍し、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

ハンバーグを美味しく焦がさず、なかまでしっかりと焼くためのポイントは「弱火でじっくり蒸し焼きにする」ことです。



弱火で蓋をしてしっかりとハンバーグを焼き上げたら、カットした野菜と牛乳を加え、塩コショウで味つけをして煮込んでいきます。



牛乳の水分が飛んで、ある程度トロミが出てきたら出来上がりです。



高タンパク質で筋肥大に大きな効果がありますので、是非、お試しください。

■さらにさまざまな牛乳料理レシピ



さらにさまざまな牛乳料理レシピは、下記の記事にまとめてありますので、ご参照ください。

▼さまざまな牛乳料理レシピ

【筋トレ牛乳料理レシピ集】食材を高タンパク化してビタミン・ミネラルも強化

スポンサーリンク


スポンサーリンク