【筋トレ後にはサワラの西京焼きが最強】魚のタンパク質に白味噌の大豆蛋白も追加



サワラは柔らかい肉質と上品な風味が人気の魚ですが、その代表的な調理方法である「さわらの西京焼き」が筋肥大バルクアップ筋トレ後の食事として最強クラスの効果があるので、詳しくご紹介します。

■サワラとはどんな魚?


サワラはサバ科に属する大型の肉食魚で、その体長は1mを超えます。日本近海では、北海道から東シナ海まで広く分布しており、各地で刺し網・定置網・引き縄などで漁獲されます。

サワラ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:177kcal
タンパク質:20.1g (80.4kcal)
脂質:9.7g (87.3kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

サワラは高タンパク質で、さらにタンパク質と同カロリーの脂質カロリーを含んでいます。ですので、サワラを同量のご飯と一緒に食べると、合計のタンパク質:カロリー=1:2となり、筋肥大バルクアップに最適な栄養素比率になります。

■西京焼きとは?


西京焼きとは、魚を白味噌(西京味噌)に漬け込んだものを焼いた料理で、サワラのほか鮭・サバ・ブリ・タラなどのものが有名です。

西京味噌は京都を中心とした関西地方で作られる淡黄色の甘口味噌で、白味噌とも呼ばれています。

味噌は大豆を主成分にする調味料ですので、植物タンパク質が多く、魚を西京焼きにすることでさらにタンパク質を追加でき、多品目タンパク質によりアミノ酸スコアも向上します。

■さわらの西京焼きの焼き方



今回は、もっとも手軽で後片付けも楽な、フライパンでの西京焼きの焼き方をご紹介します。

西京焼きを焼くときにもっとも気をつけたいのは「焦げやすい」ということで、できるだけ焦がさずに中までしっかり火を通すことが大切です。

そのためには、火を弱火にし、蓋をして蒸し焼きにするように焼いていくのがベストです。



実際に、焼いてみました。蒸し焼きの途中で二回ひっくり返し、まんべんなく焼き上げました。



筋トレの後に食べると、最強クラスの筋肥大効果がありますので、是非お試しください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク