【マンボウ】最も多くの卵を産む魚?弱いって本当?そして刺身は超絶品!?

世界最大の硬骨魚類であり、水族館の人気者としても名高い可愛らしい魚「マンボウ」。日光浴をしたり、卵の数が魚類界最多であったり、その面白い生態の数々も話題となっていますね。巷では「魚類界最弱」なんて囁かれることもしばし…果たしてそれは本当なのでしょうか?そしてマンボウは美味しいのか!?気になりますね。さて今回は入手したマンボウの身や腸を実際に調理し、食していきたいと思います。


癖のない綺麗な白身は絶品!?

その他、マンボウの歴史や栄養価等についても詳しくご紹介。フグの仲間であるマンボウ…ということはつまり、高級食材として名高いフグと同じく美味なのでしょうか?そもそもあまり食べるという話は聞いたことがありませんでしたが…結果的には物凄く美味しかったです。少し抵抗はありましたけどね。皆様も是非一度ご賞味あれ。



「マンボウ」とは?

硬骨魚類最大サイズのフグ。「魚類界最弱」の話は嘘!?


硬骨魚類最大種!「弱すぎる」は嘘?

「マンボウ」とは、フグ目・マンボウ科・マンボウ属に属する魚で、世界最大のフグというだけでなく、世界最大の硬骨魚類としても知られています。「硬骨魚類」とはその名の通り、我々人間と同じような硬い骨をもつ魚類のことです。一方、軟らかい骨を持つ魚類のことを「軟骨魚類」と言い、これにはサメやエイの仲間などが当てはまります。
フグの仲間であるマンボウはシルエットこそ異なりますが、きちんとフグ特有の特徴も兼ね備えています。腹ビレは無く、他の魚と違い目の周囲の筋肉を使い眼を閉じることができ、また口は鳥のくちばしのような形状をしています。しかしマンボウの体にしかない特徴もありますね。それは、ユニークな尾ビレです。彼らはこのヒレを船の舵のように使用するため、通称「舵ビレ」と呼ばれています。またマンボウは魚類界最多の卵を産むと言われており、その数は驚異の3億個以上…生き抜くためのリスク分散ということなのでしょうね。


近年「とても弱い魚」だと印象付けられたマンボウ。「日光浴中に鳥に突つかれて死ぬ」、「仲間が死ぬと恐怖を感じて死ぬ」、「深く潜りすぎて寒くて死ぬ」などといった噂が蔓延し、その弱さは伝説級だと持ち上げられましたね。しかし、噂はあくまで噂!日光浴に鳥に突つかれるのは、マンボウ自身が寄生虫を食べてもらうためにやっていることでもあります。また仲間が死んでも連鎖的に死ぬということもなく、マンボウが800mほどまで潜る姿も実際に確認されています(体温が下がると日光浴)。確かに、体表は傷付きやすいため病気になってしまいがちで、狭い水槽内だと長期飼育は困難でしょうが…マンボウ自体噂ほど弱くはないんですね。


ちなみにマンボウの英名は「Ocean sunfisf」つまり、太陽の魚…これは彼らが日光浴をするため海面に横たわって浮いている姿から連想された名前だそうです。

「マンボウ」の栄養価とその歴史

古くからある食文化!不飽和脂肪酸を多く含む癖強い肉

食用となるマンボウの部位は、身・肝臓・腸・真皮が主となっています。身は淡白で癖がなく、また水分を多く含んでいるため簡単に手で裂くことができます。腸はマンボウの部位の中でもかなり人気があり、コリコリとした歯応えが魅力的ですね。ちなみに漁師さんの間で最も人気があるのは、肝臓だと言われています。新鮮なものは生でそのまま食べるとか。身と共に混ぜ合わせられた「肝合え」が最高とのことです。そんなマンボウの肝には今大注目の栄養素、高度不飽和脂肪酸(DHA・EPA)が多く含まれています。高度不飽和脂肪酸は体内で作り出すことのできない必須脂肪酸の一種であり、動脈硬化・心筋梗塞の予防脳細胞の活性化抗ガン・抗アレルギー作用、中性脂肪等の成人病予防などに効果があると言われています。



海洋哺乳類が主に含有するDPAが豊富!

そして嬉しいことに、このマンボウの油脂には魚にすらあまり含有されていないDPAが豊富に含まれています。DPAはDHAやEPAと同じ高度不飽和脂肪酸の一種であり、主に海洋哺乳類の油脂に多く含まれています。その効果はなんと、EPAの約10倍なんだとか…。
なおマンボウは古くから日本中で食べられてきた食材…というわけではなく、主に漁師町などで栄えたご当地食材だったとされています。今でこそ日本中で食べるようになりましたが…昔は知る人ぞ知る珍味だったようですね。

「マンボウ」料理の実食レポート

まずはやっぱり刺身で!腸は塩焼きとバーベキューソースで炒めて

さてそれでは実際に、入手したマンボウを使用して料理を作っていきたいと思います。といっても今回はお刺身腸の塩&BBQソース炒めぐらいですので、さほど手間もかかりません。下ごしらえも特に必要が無く、必要量解凍しておくだけとなります。


美しい白身。身は簡単に手で裂ける

刺身は、身を手で裂くもしくは普通に包丁で切っていくだけです。なんとなくフグのような味と食感なのでは?と勝手に思い、あまり大きくは切りませんでした。薄切りには失敗しました。腸はすでに切ってあったため、半分は塩焼きに、残り半分はバーベキューソースと絡めて焼いていきます。特に注意点とかはなさそう?いたってシンプルですね。


完成したのがこちら。生でも焼いても真っ白…でも確かにマンボウが赤身だったらちょっと怖いですね。見た目は美味しそうですが、問題の味はいかに。



気になるそのお味は?

身はもちもち食感!そして腸はコリコリとして味も絶品!

それでは実際に食べてみます。まずは刺身から。残念ながらフグのような薄切りはできませんでしたが...まぁ良いでしょう。ちなみにマンボウの身は刺身だけでなく、天ぷらなどでも美味しく頂けるようです。それはまたの機会に。では実食!


淡白な味わいともちもちとした食感が素晴らしい

では身を一口…なんと、もちもちしている!コリコリとした貝類ほどの歯ごたえはありませんが、一般的に売られている刺身よりもはるかにもちもちしています。しかも全くと言っていいほど癖がありませんね。この歯ごたえ…確かにフグに似ています!これを薄切りで複数枚口に入れれば…気分はまさしくフグなのではないでしょうか?いやとても美味しいですね。続いて腸も食していきましょう。


やや癖がある?しかしコリコリとしてとてもいい味

腸は身と全く違った食感です。コリコリです!非常にコリコリ!やや苦みがあるように感じますが…噛めば噛むほど味が染み出してきて、なんとも言えません。癖になりそうです。塩で炒めるだけもいいですが、バーベキューソースで炒めた方も良い味を出していますね。


ちなみに今回、別枠で作ったアンコウ鍋にもちょっとマンボウの切り身を入れてみました。熱が通ることによりさらに歯ごたえが増し、非常に美味しかったです。冬にマンボウ鍋なんかもいいです。皆様も是非一度ご賞味あれ!

スポンサーリンク


スポンサーリンク