【筋トレむきサラダチキン親子丼】コンビニ食品に一手間加えてバルクアップ弁当にする



高タンパク質低カロリーで、非常に優秀な筋トレむきコンビニ食品であるサラダチキンに、一手間加えて筋肥大バルクアップに最適な親子丼弁当を作りました。

写真は、今回の材料のサラダチキン、卵、玉ねぎです。

■筋トレにサラダチキンが向いている理由

●圧倒的に高タンパク質低カロリー



こちらが、一般的なサイズのコンビ二サラダチキンのパッケージで、記載されているカロリー・栄養素は以下の通りです。

カロリー:133kcal
タンパク質:26.1g
脂質:2.6g
糖質1.2g

非常に高タンパク質・低カロリーでダイエット筋トレなどに最適であることがわかります。

●筋肥大にはタンパク質だけでは足りない

Arroz-con-Pollo.jpg
しかし、筋肥大バルクアップ筋トレの場合は、タンパク質だけでなく、摂取したタンパク質をアミノ酸に分解し、さらにそれを人間の骨格筋に再合成するための「筋肉合成カロリーが必要となり」、その適正量は「タンパク質の2~3倍のカロリー(脂質・糖質)」です。

そこで、今回はコンビ二のサラダチキンをベースに、一手間加えて筋肥大に最適な調理を行いましたので、是非、ご参照ください。

■筋トレむきサラダチキン親子丼弁当の作り方



まずは、フライパンに薄切りにした玉ねぎを敷き、その上にカットしたサラダチキンを乗せ、だしの素と醤油を加えて加熱します。



具材に十分に熱が通ったら、溶き卵を入れ、火を弱めます。



火を弱めたら、蓋をして数分間加熱します。



出来上がりました。今回はお昼ご飯用の弁当にするので、ランチボックスに盛り付けていきます。



一手間加えるだけで、非常に優秀な筋トレ食になるだけでなく、つい筋トレに不向きなものを食べてしまいがちなランチも、しっかりと最適な食事にできますので、ぜひ、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク