【ダイエット筋トレ向きチキンライス】水煮大豆と冷凍枝豆を活用した高タンパク質低カロリー食

20170811060710037.jpg

減量やダイエット筋トレ時に最適な簡単料理として、筆者もよく作って食べるのがチキンライスです。通常のチキンライスとは配分が異なりますので、その作り方をご紹介します。




■減量やダイエット時の食事バランス

●高タンパク質低カロリーの一択

salad-1603608_960_720.jpg

筆者にも年頃の娘がいますので、常日頃から「食べない・野菜だけ食べるダイエット」がどれだけ身体に悪く、非効率でリバウンドするだけかということは情報発信しています。また、筋肉=骨格筋と考えられがちですが、筋肉には心臓・内臓・血管も含まれ、これらが痩せてしまうようなダイエット方法は健康に有害です。

美しく痩せるためには、筋密度を保ち、基礎代謝の高い状態のまま脂肪燃焼をさせていく一択です。このためには、タンパク質が絶対必要です。「食べない・野菜だけ食べるダイエット」は見かけ上の体重は減少しますが、筋密度は下がり、基礎代謝は落ち「痩せにくく太りやすい」リバウンド体質一直線です。そして、食べないダイエットを繰り返すうちに、重篤な健康障害に陥りますので気をつけましょう。

「野菜しか食べないダイエット」に比べれば、「肉しか食べないダイエット」のほうがはるかに健康的です。また、どうしても野菜だけしか食べないのならば、大豆だけ食べてください。

もちろん、これは極端な話で、ベストは肉類・植物タンパク質・野菜をバランスよく摂り、カロリー計算をした上で適切な炭水化物を少量摂取することです。

■大豆がダイエットに効果的な理由

●植物タンパク質と食物繊維が豊富

soy-milk-2084018_960_720.jpg

源慮・ダイエット時におすすめの食材は、なんと言っても水煮大豆です。その理由は、植物タンパク質が豊富で、大量の食物繊維も含んでいるからです。食物繊維は胃の中で膨れ、腹持ちを良くしてくれるだけでなく、減量ダイエット時に起こりがちな便秘対策にも効果的です。

また、ビタミン類やレシチンなど、健康によい成分が多く含まれているのも大豆の魅力です。

■ダイエット筋トレ向きチキンライスの作り方

●鶏胸肉・水煮大豆と冷凍枝豆でアミノ酸バランスを向上させる

20170811060546020.jpg

前置きが長くなりましたが、ダイエット向きチキンライスの作り方をご紹介していきます。材料は、鶏胸肉ミンチ(皮なし)・水煮大豆・冷凍枝豆・卵です。多様なタンパク質を組み合わせることで、アミノ酸スコアを向上させるのは、減量・ダイエットの基本ですね。

まずは、鶏むね肉ミンチ(皮なし)と水煮大豆・冷凍枝豆をフライパンで熱します。

20170811060611426.jpg

鶏むね肉ミンチ(皮なし)と水煮大豆・冷凍枝豆に火が通ったら、炒り卵を作ります。

20170811060633000.jpg

具材を炒め終わったら、ご飯を追加しますが、一般的なチキンライスとは違い、量を具と同量程度かそれ以下に抑えるのがポイントです。

20170811060648507.jpg

最後に、ケチャップで味をつけます。

20170811060710037.jpg

出来上がりました。減量・ダイエット食としては美味しい部類だと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク