【筋肥大にマグロ唐揚げ】筋トレ後におすすめの魚料理レシピのご紹介



マグロは非常に高タンパク質低カロリーでダイエット食材としても優秀ですか、唐揚げにしてカロリーを追加することでバルクアップにも有効な食事になります。その魚料理の作り方レシピをご紹介します。

●ビンナガマグロのカロリー・栄養素


・高タンパク質低カロリーの筋トレオールラウンド食材




こちらが、今回の材料のビンナガマグロです。長い胸ビレが特徴のマグロで、その長いヒレをトンボに見立てトンボマグロとも呼ばれています。切り身100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:117kcal
タンパク質:26g (104kcal)
脂質:0.7g (6.3kcal)
炭水化物:0.2g (0.8kcal)

まさに、タンパク質のかたまりのような食材であることがわかります。

筋トレをして効率的に筋肥大バルクアップしていくためには、タンパク質とその倍量のカロリー摂取が理想ですので、あえて低カロリーなマグロを唐揚げにして筋肉合成カロリーを付加します。

●マグロの唐揚げの作り方レシピ


・揚げずにフライパンで焼いて仕上げる




まずは、適度な大きさにカットしたマグロ切り身に唐揚げ粉をまぶしていきます。



このように、全体的にしっかりとまぶし、20分ほど放置することでしっかりと唐揚げ粉をなじませます。



今回は、カロリーを上げすぎないようにするために、揚げるかわりにフライパンにオリーブオイルをしいて焼き揚げにしていきます。



どの断面も、しっかりカリっとなるようにフライパンの上で転がしながら焼き揚げていき、全体がきつね色になったら出来上がりです。



外はカリカリ、なかはジューシーで美味しいので、是非お試しください。

スポンサーリンク