【筋トレむきステーキフィットチーネ】赤身牛肉とパスタで動植物タンパク質をコラボした筋肉飯

20180122053450351.jpg

高タンパク質低カロリーで、筋トレ後に最適な赤身牛肉と植物タンパク質豊富なパスタ(フィットチーネ)をコラボレーションした、アミノ酸スコアも最高レベルの筋肉飯の作り方をご紹介します。

●赤身牛肉とフィットチーネのカロリー・栄養素


・どちらも非常に優秀な筋トレむき食材


20180122053509681.jpg

こちらが、今回の材料の赤身牛肉(アンガス牛)と生フィットチーネです。それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○赤身牛肉のカロリー・栄養素

エネルギー:182kcal

タンパク質:21.2g (84.8kcal)

脂質:9.6g (86.4kcal)

炭水化物:0.5g (2kcal)

○フィットチーネのカロリー・栄養素

エネルギー:149kcal

タンパク質:5.2g (20.8kcal)

脂質:0.9g (8.1kcal)

炭水化物:28.4g (113.6kcal)

赤身牛肉は非常に高タンパク質低カロリー、フィットチーネは植物タンパク質が豊富な上、筋肉合成に適切なカロリーを含んでおり、両者の組み合わせは筋トレ効果を最大限に高める食事であると言えます。

●ステーキフィットチーネの作り方


・簡単で美味しくスピーディーなレシピ


20180122053803285.jpg

まずは、ステーキ肉の下ごしらえです。余分な脂身を切り落とし、赤身だけにし、塩コショウで味つけをします。

20180122053819399.jpg

フィットチーネとカットしたアスパラをあらかじめ茹でておきます。

20180122053838553.jpg

20180122053855291.jpg

赤身牛肉のステーキ肉を、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

そして、ステーキを焼いた肉汁の残るフライパンで、茹でパスタとアスパラを軽く炒め、塩コショウで味つけをして出来上がりです。

20180122053450351.jpg

あとは、パスタ皿に盛り付けると完成です。簡単で美味しくスピーディーな上、筋肉にもとても良いので、是非お試しください。

スポンサーリンク