【すき家の牛丼筋トレ最適化チャレンジ】良質タンパク質追加で理想の栄養バランスに



すき家の牛丼は、タンパク質は多いものの栄養素バランス的にはハイカロリーに傾いています。しかしながら、一手間かけて良質なタンパク質を追加することで、かなり筋トレ筋肥大に有効な食事にすることができます。

●すき家の牛丼のカロリー・栄養素


・比率としてタンパク質が不足している




こちらが、今回のベースとなる、すき家の牛丼並盛りです。そのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○すき家の牛丼並盛りのカロリー・栄養素

エネルギー:639kcal
タンパク質:20.6g
脂質:15.5g
炭水化物:104.5g

筋トレ筋肥大に最適な栄養素バランスは、タンパク質:カロリー=1:2~3ですので、比率としてタンパク質が不足していることがわかります。

※タンパク質1g=4kcal



そこで、今回は脂身の少ない牛赤身肉の切り落とし(150g)を追加して、栄養素バランスを整えていきます。そのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○牛赤身肉150gのカロリー・栄養素

エネルギー:210kcal
タンパク質:33.75g
脂質:6.9g
炭水化物:0.75g

これを、先ほどのすき家牛丼に追加すると、以下の数値になります。

エネルギー:849kcal
タンパク質:54.35g
脂質:22.4g
炭水化物:105.25g

ずいぶんとバルクアップ筋トレむきのタンパク質量・栄養素バランスになりました。

●すき家牛丼の筋トレ最適化


・牛赤身肉と具を炒めなおす




まずは、牛赤身肉の切り落としを、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めます。



牛丼の具を取り出し、牛赤身肉と一緒に炒めなおします。



あとは、炒め上がった肉をご飯の上に戻すだけです。

筋トレ後にすき家の牛丼が食べたくなったら、一手間かけてタンパク質強化をすることをおすすめします。

スポンサーリンク