【ダイエットだからサラダだけ】それならちゃんと高タンパク質にするべき



ダイエットだからサラダ(野菜だけ)というのは、あまりに非科学的で筋量をロストし、リバウンド体質一直なので、ダイエットの時こそタンパク質をしっかり摂ってください。

今回は、ダイエットだからサラダだけという方むけに、理想的なサラダの一例をご紹介します。

●ダイエットにはタンパク質が必要


・さらに適度なカロリーも必要不可欠




こちらが、今回の材料のキハダマグロのブロック・アボカド・野菜です。

人間の身体は内臓をふくめ多くが筋肉(タンパク質)でできています。そして筋肉は日々新陳代謝しており、この時に発生する代謝カロリーは運動で発生する運動カロリーの数倍にもなります。

この新陳代謝の材料となるのが、筋肉の材料であるタンパク質ですから、タンパク質が不足すると新陳代謝が抑制され、結果として最大のカロリー消費である代謝カロリーが大幅に減少し、ダイエットには不向きな身体状態になります。

また、新陳代謝は化学反応であり、その反応にはエネルギーが必要になります。そして、よほど肥満の方でもないかぎり、このエネルギーは体脂肪だけではまかないきれません。

ですので、ダイエットの食事としてはタンパク質に加え、適度な良質脂質の摂取が理想的で、その代表がアボカドなど植物性の不飽和脂肪酸です。

焦って超低カロリーで落とした体重は、あっという間に元通りになり、筋肉量が減少した分、さらに痩せにくい体質になります。

ダイエットは、ゆっくり健康的に行い、高タンパク質低カロリーの食事を習慣化していくのが、ロングスパンで見た場合、唯一の正攻法です。

●ダイエットサラダの作り方


・しっかり美味しくミネラルも




まずは、キハダマグロのブロックを一口大にカットします。血あい肉を敬遠する女性も少なくありませんが、ダイエット時に不足する鉄分が豊富なので、必ず食べてください。



血あい肉が苦手な方におすすめなのが、マグロを醤油漬けにすることです。これで、血あい独特の香りがずいぶん薄まります。

なお、醤油を使いすぎないようにサランラップでくるんで漬けるのがおすすめです。

また、ダイエット時に塩分を極端にカットする方がいますが、それにより体重が落ちるのは、脂肪が減っているのではなく、単に身体の水が抜けているだけです。

ダイエット時にはナトリウム・カリウムなどのミネラル分が不足しがちですので、適度な味付けはするようにしましょう。



マグロを漬けている間に、アボカドをカットしたり野菜を盛り付ければ、ちょうど良いタイミングでマグロが漬け上がります。



身の回りに、ダイエットだから野菜だけ、という方がいたら、是非この記事を読ませてあげてください。

スポンサーリンク