【ウナギのひつまぶしの作り方】ガッツリ筋トレした後の筋肥大におすすめ



ウナギは高タンパク質なだけでなく、筋肥大に最適な筋肉合成カロリー、ビタミン・ミネラルを多く含んでいるので、ガッツリと筋トレをした後に理想的な食材です。今回は中部地方の名物である「ひつまぶし」の作り方をご紹介します。

●ウナギのカロリー・栄養素


・筋肥大筋トレの筋肉合成に最適


うなぎ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:293kcal

タンパク質:23g (92kcal)

脂質:21g (189kcal)

炭水化物:3.1g (12.4kcal)

筋肥大にはタンパク質だけでなく、タンパク質の二倍の筋肉合成カロリーが必要ですが、まさに理想的な黄金比率であることがわかります。

●ウナギひつまぶしの作り方と食べ方


・一杯目は普通に二杯目は薬味で三杯目はお茶漬けで




まずは、頭付近と尻尾付近を細切りにしてご飯と混ぜていきます。





このように、フライパンで軽く炒めながら混ぜていくと簡単にできます。



あとは、ウナギ蒲焼きと細切り玉子焼きを乗せて出来上がりです。一杯目は普通に鰻丼でいただきます。



二杯目はネギなどの薬味を乗せ、味に変化をつけるのがひつまぶし独特の食べ方です。



最後の〆はお茶漬けが定番です。



なお、かけるのは普通のお茶でも美味しいですが、昆布ダシでいただくのもおすすめです。

スポンサーリンク