【スズキのカロリーと料理例】フライやムニエルにして筋肉合成カロリーを追加する筋トレ向きレシピ



上品な白身が人気のスズキは、高タンパク質で筋トレにも最適な食材です。ただし、低カロリーですので筋肥大バルクアップ筋トレの食事とする場合は、フライやムニエルにして筋肉合成カロリーを追加するのが理想的です。

その、具体的な調理例をご紹介します。

●スズキとはどんな魚?


・河口域から汽水域に生息する大型魚




スズキは、スズキ目スズキ科の代表種で、典型的な硬骨魚・真骨魚として生物学的な分類の基準にもなる種類です。

日本全国に分布しており、主に河口付近の汽水域(淡水と海水が混じる水域)に生息しています。非常に魚食性が強く、ルアーにもよく反応するためゲームフィッシングの対象魚としても人気です。

また、食材としても高級な白身魚として人気で、刺身・煮付け・焼き物・フライ・ムニエルなどで食べられます。

・スズキ100gあたりのカロリー・栄養素


エネルギー:123kcal
タンパク質:19.8g (79.2kcal)
脂質:4.2g (37.8kcal)
炭水化物:0g (0kcal)

●スズキのムニエルの作り方




まずは、表面の水分をクッキングペーパーで吸い取ります。



そして、片栗粉に塩コショウを混ぜたものを表面にまぶします。



このように、均一にしっかりとまぶしてください。



後は、フライパンにバターを溶かし、焦げないようにひっくり返しながら焼いていくだけです。



是非、お試しください。

スポンサーリンク