【筋トレ向きダブルホットドッグ】フランクフルトソーセージを二本使った作り方



筋肥大バルクアップ筋トレに最適な、タンパク質を強化=フランクフルトソーセージを日本入れたホットドッグの作り方をご紹介します。

●ソーセージの種類とは?




ソーセージは豚肉などの挽き肉に香料と塩を加え、腸詰めにしたのち薫製にした保存食です。

日本の農林規格では、直径20mm未満のものをウインナーソーセージ、直径20mm~36mmのものをフランクフルトソーセージ、直径36mm以上のものをボロニアソーセージと区分しています。

また、乾燥させてさらに保存性を高めたドライソーセージには、サラミやカルパスなどがあります。

●筋トレ向きダブルホットドッグの材料




こちらが、今回の材料のホットドッグ用パン・フランクフルトソーセージ・アスパラガスです。

●筋トレ向きダブルホットドッグの作り方




まずは、アスパラガスを茹でていきます。



次にフランクフルトもボイルします。



このような感じに茹で上がりました。



ホットドッグ用のパンに、茹でたフランクフルト2本とアスパラガスをはさみ、テフロン加工のフライパンで油をつけずに底面を過熱していきます。



アレンジで、とろけるチーズも乗せました。



底面を加熱しながら、上面はクッキングバーナーで焼いていきます。もちろん、普通にトースターで焼いてもかまいません。



出来上がりました。簡単に作れて、筋トレ効果も高まりますので、ぜひチャレンジしてみてください。



余った材料と、冷蔵庫に残っていたアボガドを使って「アボガドホットドッグ」もついでに作りました。



こちらも、とても美味しかったので、あわせてお試しください。

スポンサーリンク