【筋トレ向きカニカマ炒飯】高タンパク質低カロリー化した作り方レシピ



高タンパク質低カロリーなカニカマをふんだんに使い、ダイエット筋トレにも最適なカニカマ炒飯の作り方をご紹介します。

●筋トレカニカマ炒飯の材料・カロリー・栄養素




こちらが、今回の材料のカニカマ300g・卵2個・ご飯一膳160gおよびトッピングの枝豆です。それぞれのカロリー・栄養素は以下の通りになります。

〇カニカマ300gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:270kcal
タンパク質:36.3g (145.2kcal)
脂質:1.5g (13.5kcal)
炭水化物:27.6g (110.4kcal)

〇ご飯一膳160gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:269kcal
タンパク質:4g (16kcal)
脂質:0.48g (4.32kcal)
炭水化物:59.36g (237.44kcal)

〇卵2個100gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:151kcal
タンパク質:12.3g (49.2kcal)
脂質:10.3g (92.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

これらを合計するとタンパク質約52g(208kcal)に対して、筋肉合成カロリー約450kcalとなり、筋肥大バルクアップに最適な「タンパク質」:「筋肉合成カロリー」=1:2~3になることがわかります。

それでは、次の項目では具体的な作り方をご紹介していきます。

●筋トレカニカマ炒飯の作り方




まずは、溶き卵を炒め、ある程度固まったら、ほぐしたカニカマと枝豆を入れて炒めていきます。



このような感じで具材がしっかりと混じるで、炒めながら混ぜ合わせていきます。



ご飯を入れます。味つけのベースにはダシつゆなどを使うと美味しくなります。



ご飯をつぶさないように、水気を飛ばしながら炒めて出来上がりです。



是非、お試しください。

●推奨の記事




【筋トレバルクアップ炒飯】鶏豚牛+大豆のコラボ|休日ランチにおすすめの筋肥大昼食例



【バルクアップにステーキ炒飯】筋肥大筋トレ翌日のランチメニューにもおすすめ

https://jawa-armwrestling.org/?p=12494

スポンサーリンク