【筋トレ向き魚チャーハン】サーモン&ブリをふんだんに使った最強のバルクアップ筋肉飯



バルクアップ筋トレ後の食事として最適な、タンパク質:筋肉合成カロリー=1:2の「お魚チャーハン」の作り方をご紹介します。

●筋トレ向き魚チャーハンの材料




今回は、サーモンとブリのあらがスーパーで安く売られていたので入手しました。

サーモンとブリそれぞれのカロリー・栄養素は以下の通りです。

〇鮭(サーモン)100gあたりのカロリー・栄養素
エネルギー:138kcal
タンパク質:22.5g (90kcal)
脂質:4.5g (40.5kcal)
炭水化物:0.1g (0.4kcal)

◯ブリの100gあたりのカロリー・栄養素
エネルギー:257kcal
タンパク質:21.4g (85.6kcal)
脂質:17.6g (158.4kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

どちらも、とても高タンパク質で、なおかつ適度な筋肉合成カロリーを含んだ食材であることがわかります。

●筋トレ向き魚チャーハンの作り方




まずは、サーモンとブリのあらをテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



サーモンとブリのあらが焼けたら、一度お皿に移して少し冷まします。



あらがある程度冷めたら、骨を取り除き、身だけにします。



下ごしらえができたら、刻んだ白ネギと一緒にサーモンとブリのほぐし身を炒めていきます。



白ネギにある程度火が通ったら、ご飯を加えてチャーハンにしていきますが、およその分量として、魚:ご飯=1:1が最適です。



ご飯を潰さないように、パラッと炒めます。



仕上げに、トッピング用のサーモンとブリの切り身を焼きます。



チャーハンはお皿に盛り付けます。魚のほぐし身がゴロゴロしており、とても筋肥大に効きそうです。





最後に、トッピングのサーモンとブリを乗せて完成です。

とても美味しく、バルクアップにも最強レベルの効果がありますので、是非お試しくださいね

https://jawa-armwrestling.org/?p=4622



スポンサーリンク