【筋トレむき肉そばの作り方】植物+動物タンパク質でアミノ酸スコアも向上



バルクアップ筋トレ後の食事メニューとしておすすめの肉そばの作り方をご紹介します。蕎麦の植物タンパク質と牛肉の動物タンパク質の組み合わせで、アミノ酸スコアもばっちりの筋肉飯です。

●蕎麦と牛肉のカロリー・栄養素


・どちらも高タンパク質で筋トレむき




こちらが、今回の材料の和そば・赤身牛肉・薄揚げ・ネギです。茹で蕎麦と赤身肩牛肉それぞれの100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○茹で蕎麦のカロリー・栄養素

エネルギー:114kcal

タンパク質:4.8g (19.2kcal)

脂質:0.7g (6.3kcal)

炭水化物:22.1g (88.4kcal)

○赤身肩牛肉のカロリー・栄養素

エネルギー:240kcal

タンパク質:17.9g (71.6kcal)

脂質:17.4g (156.6kcal)

炭水化物 0.1g (0.4kcal)

いずれも高タンパク質で、ほどよい筋肉合成カロリーも含んでおり、バルクアップに最適な食材であることがわかります。また、今回は薄揚げも追加して大豆タンパク質も加えてあります。

●肉そばの作り方


・蕎麦が見えないくらいの具が最適




まずは、薄揚げとネギを適度な大きさにカットします。



赤身牛肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



肉が焼けてきたら、薄揚げとネギを加え、だしの素と薄口醤油で味付けをします。



並行して蕎麦を茹でますが、たっぷりのお湯で茹でるのが美味しく仕上げるポイントです。



茹でた和そばは、しっかりとお湯をきります。



器に茹で蕎麦とダシを入れ、後は具を盛り付けて完成です。



具の量の目安としては「麺が見えないくらいの具の量」となります。

是非お試しください。

スポンサーリンク