【筋トレしたら弁当も作る】冷蔵庫のあまりものでも筋肉をつけるには十分



バルクアップ筋トレでもダイエット筋トレでも、効果を最大限に出したければ、自作弁当がベストです。冷蔵庫のあまりものを適当に組み合わせた弁当でも、コンビニおにぎりやパンやカップラーメンとは比較にならないほど効果的です。

●豚肉と水煮大豆のカロリー・栄養素


・高タンパク質で低カロリー




こちらが、今回の材料で冷蔵庫のなかにあった適当な材料です。豚肉と水煮大豆それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

○豚もも肉のカロリー・栄養素

エネルギー:183kcal

タンパク質:20.5g (82.0kcal)

脂質:10.2g(91.8kcal)

炭水化物:0.2g(0.8kcal)

○水煮大豆のカロリー・栄養素

エネルギー140kcal

タンパク質12.9g (51.6kcal)

脂質6.7g (60.3kcal)

炭水化物7.7g (30.8kcal)

いずれも、高タンパク質低カロリーで、腹持ちの良い程度の適切な脂質脂質を含んでいます。ダイエット筋トレの場合は、豚肉と大豆100gずつを組み合わせるだけで、立派なダイエットランチになります。

バルクアップ筋トレの場合は、このままではややカロリー不足なので、適量のご飯でカロリーを補います。

●実際にあまりもので筋トレ弁当作り


・調理時間約10分とお手軽




豚もも肉・水煮大豆・スライスした玉ねぎを一度にフライパンに入れ、だしの素・みりん醤油で味付けをし、蓋をして中火で加熱します。



材料に火が通ったら、卵を入れてさらに加熱し、出来上がりです。時間にしてわずか10分です。





弁当箱にうっすらとご飯を入れ、具をのせて完成です。

こんな適当な弁当ですが、おにぎりやパンやカップラーメンよりはるかに高タンパク質ですし、コンビニ弁当や外食に比べるとはるかに低カロリーです。

筋トレの効果を出したい方は、ぜひ弁当を自作して効率的に目標を達成しましょう。

スポンサーリンク