【チキンフィレオ】筋トレ最適化チャレンジ!鶏もも肉をさらに追加して高タンパク質食事に強化

DSC_6148.jpg

マクドナルドの人気チキンメニューであるチキンフィレオですが、どのうようなカロリー・栄養素かをご紹介するとともに、バルクアップ筋トレに最適な栄養素比率「タンパク質:カロリー」=「1:2」に近づけるように強化チャレンジした過程をご報告します。

●チキンフィレオのカロリー・栄養素


・意外とタンパク質が少なめで高カロリー


DSC_6144.jpg

今回の題材である、マクドナルドチキンフィレオのカロリー・栄養素は次の通りです。

カロリー:445 kcal
タンパク質:19.9 g
脂質:19.6 g
炭水化物:47.5g

なお、比較のために調べましたが、カロリーの近いダブルチーズハンバーガーのカロリー・栄養素は以下の通りです。

カロリー:463kcal
タンパク質:27.4g
脂質:25.2g
炭水化物:31.6g

比較してみると、チキンを使用しているにも関わらず、ダブルチーズバーガーに比べると意外と低タンパク質で、比率として高カロリーに傾いていることがわかります。

それでは、次の項目では、このチキンフィレオを筋トレ食事として最適化する過程をご紹介します。

●チキンフィレオ筋トレ最適化


・皮なし鶏もも肉をサンドして強化する


DSC_6141.jpg

こちらが、今回の筋トレ最適化チャレンジに使用した素材のマックチキンフィレオ・鶏もも肉・サラダです。

鶏もも肉(皮なし)のカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:232kcal
タンパク質:37.6g
脂質:7.8g
炭水化物:0g

ここに、先ほどのチキンフィレオのカロリー・栄養素を追加すると次のようになります。

カロリー:677 kcal
タンパク質:57.5 g
脂質:27.4 g
炭水化物:47.5g

タンパク質1gのカロリーは4kcalですので、総タンパク質量57.5g(230kcal)に対して総カロリーは約三倍弱の677kcalとなり、まずまず優秀な栄養素比率になることがわかります。

また、今回は味つけに少量の唐揚げ粉を使用しましたが、そのカロリーは誤差の範囲とさせていただきます。

DSC_6142.jpg

まずは、鶏もも肉の皮を取り除き、無駄な脂身もカットします。包丁よりもキッチンバサミを使ったほうが作業がやりやすくおすすめです。

DSC_6143.jpg

続いて、味付けとして表面に少量の唐揚げ粉をまぶします。

DSC_6145.jpg

唐揚げ粉をまぶしたら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに鶏もも肉を焼き揚げていきます。はじめに弱火にして蓋をし、蒸すことで鶏もも肉に含まれる脂質が染み出してきて、表面の衣が揚げたような仕上がりになります。

DSC_6146.jpg

鶏もも肉が焼き揚がったら、お皿にチキンフィレオとサラダを盛り付け、上部のバンズを取り外します。

DSC_6147.jpg

焼き揚がった鶏もも肉を乗せ、上部バンズを元に戻します。

DSC_6148.jpg

かなりボリューミーになり、手で持って食べるのは困難になりますが、ナイフとフォークを使ってアメリカンスタイルでいただくと問題なく食べられます。是非、チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク