【半チャンラーメンのゼロ糖質化チャレンジ】高カロリーで静かに衰退しているメニューを改良



半チャンラーメンセットと言えば、ラーメン+チャーハンのセットで、男子学生や若いサラリーマンに人気のメニューですが、カロリーが高いのが難点です。

そこで、こんにゃくや豆腐を使って米や小麦粉糖質(炭水化物)がゼロの低カロリー半チャンラーメンセットを作りましたので、その作り方をご紹介します。

合わせて、鶏むね肉と豆腐を使った超低カロリー餃子も作りましたので、そのレシピも公開します。

●半チャンラーメンセットは静かに衰退している




安くてお腹がいっぱいになる半チャンラーメンセットは、昭和~平成初期には人気メニューでしたが、「炭水化物+炭水化物」という組み合わせが最近の「低糖質ブーム」に合わず、全国的に静かに衰退しているというデータがあります。

たしかに、この組み合わせは筋トレやダイエットには良くないのですが、一つの食文化が消えていくというのは、一抹の寂しさを感じます。

●ゼロ糖質半チャンラーメンの材料




こちらが、今回の材料の鶏むね肉・豆腐・卵・サラダチキン・こんにゃくと野菜・スープ類です。

いずれも高タンパク質低カロリーな食品ですので、材料を見るだけで普通の半チャンラーメンセットのような低タンパク質高カロリーにならないのは、おわかりいただけると思います。

●ゼロ糖質半チャンラーメンの作り方


・こんにゃくラーメンの作り方




まずは、チャーシューのかわりにサラダチキンをだし醤油で煮立て、冷ましておきます。食材に味が染み込むのは加熱時ではなく冷却時ですので、温めてから冷ます行程が大切です。



次にラーメンの麺になる糸こんにゃくを煮立てます。こんにゃく臭さをとるために、一度お湯を捨ててから二度茹でするのがポイントです。



二度茹でをしたら、さらにこんにゃく臭さをとるために流水で洗います。



下処理が終わった糸こんにゃくに水・中華スープの素・醤油を加えて一煮立ちさせます。



一煮立ちさせたら、こちらも糸こんにゃくにスープが馴染むように、いったん放置して冷まします。



全ての準備ができたら、再び糸こんにゃくをスープごと煮立て、サラダチキンも再加熱し器に盛り付けます。



超低カロリーのラーメンが出来上がりました。かなり入念に下茹でをしたので、こんにゃくっぽさはほとんどありませんでした。

・豆腐チャーハンの作り方




まずは、豆腐をテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



ポイントは豆腐の水気が飛んで、パラパラになるまで丹念に炒めることです。



豆腐とは思えないほどパラパラになりました。豆腐はいったん器に移します。



続いて炒り卵を作りますが、こちらもテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



出来上がりました。これもいったん器に移します。



次に、鶏むね肉ミンチを同様に、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



出来上がりました。



豆腐チャーハンの材料全てが揃いましたので、これをチャーハンにしていきます。



炒り豆腐・炒り卵・鶏むね肉ミンチにネギを加え、塩コショウとオイスターソースで味付けをして、炒めながらまんべんなくかき混ぜていきます。



出来上がりました。



あとは器に盛り付けて完成です。パラッとした食感でとても美味しかったです。

・ゼロ糖質半チャンラーメンセット




このようにして完成した半チャンラーメンセットがこちらです。

とてもボリュームがありながら、炭水化物は豆腐に含まれているものだけと、超高タンパク質低カロリーで、ダイエット中でも安心です。

・豆腐餃子の作り方




最後に豆腐餃子の作り方をご紹介します。作り方はとても簡単で、まずは豆腐・鶏むね肉ミンチ・刻みニラを混ぜていきます。



このように餃子の具ができました。



この具を市販の餃子の皮に包んでいきます。



包み終わりました。普通の餃子作りととくに手順に違いはありません。



焼き方も普通の餃子と同じで、蓋をして弱火で蒸し焼きにします。



焼き上がりました。淡白ですが、ふんわりとした食感でとても美味しかったです。

今回ご紹介した半チャンラーメンセット+餃子は、少し手間がかかりますが、ダイエット中にお腹いっぱい食べたくなった時に非常に有効です。

是非お試しください。

スポンサーリンク