【筋トレむきビッグマック改】肉と豆腐を追加してバルクアップ最適化チャレンジ



ジャンクフードの王様的存在とも言えるのが、マクドナルドのビッグマックセットです。ジャンクフードの定義は「低タンパク質高カロリー&野菜不足」ですので、肉と豆腐と野菜を追加して「高タンパク質高カロリー&野菜たっぷり」とし、バルクアップに最適化チャレンジを行いました。

●ビッグマック最適化チャレンジ


・自作ハンバーグと薄揚げ豆腐と卵を追加




こちらが、今回のベースとなったマクドナルドのビッグマックセットと合挽きミンチ・薄揚げ豆腐・卵です。

このほかに、市販のサラダパックを準備しました。

それでは、さっそく最適化を行っていきます。

●ビッグマック最適化の工程


・肉だけハンバーグ・豆腐・目玉焼きを作って追加




まずは、合挽きミンチをこねていきます。つなぎも何も入れない、肉だけハンバーグです。なお、洗い物を省力化するため、ハンバーグを焼くのに使うフライパンで合挽きミンチをこねました。



合挽きミンチがこね上がったら、さっそく焼いていきます。



時々ヘラで押しつけて、余分な脂質を絞りだしながら焼いていきます。中央部がわずかに膨らんだタイプのフライパンを使うと、脂が周辺部に分離できて便利です。



別のフライパンで薄揚げ豆腐も塩コショウをして焼いていきます。



表面にやや焦げ目がつくまで、から焼きします。



自作ハンバーグと豆腐が焼き上がったら、ビッグマックを三分割します。



なお、この作業をしながら、目玉焼きを焼き始めるとスムーズです。



ビッグマックの下段と中段の、もともとのハンバーグの上に薄揚げ豆腐と自作ハンバーグを乗せます。



中段と下段を元に戻し、最上部に目玉焼きを乗せます。



最後に、ポテトとサラダを配置し、ビッグマック上段のバンズをかぶせて改造終了です。



かなりの分厚さになり、手で持って食べるのは事実上不可能ですので、ナイフとフォークで食べるとよいでしょう。

是非お試しください。

スポンサーリンク