【筋トレ後に最適なインドカレー】チキンとラーメンでタンパク質&筋肉合成カロリーを強化



バルクアップ筋トレ後に最適なインドカレーのアレンジ料理レシピをご紹介します。

このレシピは、辛味成分が基礎代謝を高める作用に、鶏肉のタンパク質とラーメンの筋肉合成カロリーをミックスし、筋肥大に最適化したものです。

●筋肥大に必要な栄養バランス


・体重1kgあたり2gのタンパク質と倍量のカロリー


Metabolism.jpg

筋肥大に必要な栄養が、あたかもタンパク質ばかりのような印象を与えるネット記事も少なくありませんが、それは半分正解で半分不正解です。

筋トレをして筋肥大するためには、一日に体重1kgあたり2gの純蛋白質と、その倍量のカロリー摂取が必要です。タンパク質食品を摂取すると一度アミノ酸に分解され、その後、人間の筋肉のアミノ酸比率と構造に再合成されて筋肉になります。

この、アミノ酸の再合成時にかなりのカロリーが必要になり、炭水化物や脂質といったカロリー源が不足していると、せっかくのタンパク質質を分解して合成エネルギーに消費してしまうという、とても非効率なことになります。ですので、筋肥大期は、十分なタンパク質だけでなく、カロリー源として炭水化物と脂質の摂取も重要です。

このような理由から、意外と筋肥大に適しているのが、炭水化物と脂質を多く含むチキンラーメンです。特に筋肉がつきにくい体質の方にとってはサプリメント並みの効果があるといってもよいでしょう。

●ラーメンのカロリー・栄養素


・非常に優秀なカロリー源とも言える


Chicken_ramen_egg_pocket_20170811194525703.jpg

一般的なインスタントラーメン一袋(85g)あたりのカロリーと栄養素は以下の通りです。

・エネルギー:398kcal

・タンパク質:8.8g

・脂質:15.5g

・炭水化物:55.9g

わずか一食で400kcal近くもあり、想像よりも脂質が少なめで、炭水化物主体の優秀なカロリー食品と言えるのではないでしょうか。なお、計算上、ラーメンに対して最適なタンパク質は約200kcal=50gとなり、肉類換算で250gほどになります。

●筋トレ向きインドカレーの材料




こちらが、今回の材料の鶏もも肉・インスタントカレーラーメン・インドカレールー・玉ねぎブイヨンです。

●筋トレ向きインドカレーの作り方




まずは、鶏もも肉の皮を取り除き、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。



鶏もも肉にある程度火が通ったら、水と玉ねぎブイヨンを加えて煮込んでいきます。



煮込みが終わったら、火を止めてインドカレールーを溶かしていきます。

火を止めずに沸騰させながらルーを溶かすと、スパイスの香りがとんでしまいますので、必ず火を止めてからルーを溶かしてください。



インドカレーが出来上がりました。



次に、インスタントカレーラーメンを作りますが、最後にルーをかけるので、水は少なめの300ml程度にします。



インスタントカレーラーメンが出来上がりました。



あとは、インドカレーをかけて完成です。

是非、お試しください。

スポンサーリンク