【筋トレ向きじゃがいも少量コロッケ】高タンパク質化したレシピのご紹介


コロッケは炭水化物と脂質が多く、タンパク質が少ないのであまり筋トレに向く食事メニューとは言えません。

そこで、筋トレ後の食事メニューとして高タンパク質化・最適化したコロッケを作りましたので、その作り方をご紹介します。

●筋トレ向きじゃがいも少量コロッケの材料




こちらが、筋トレ向きコロッケの材料で、じゃがいも1個に対して合挽きミンチ約250とかなりの高タンパク質化をはかりました。

また、パン粉には小麦粉や溶き卵がいらない「ラク揚げパン粉」を使って時短化しています。

●筋トレ向きじゃがいも少量コロッケの作り方




まずは、じゃがいもの皮をむき、火が通りやすいように適度な大きさにカットして茹でていきます。



このように、じゃがいもに透明感が出てきたら、しっかりと茹であがった目安です。



じゃがいもを潰します。



じゃがいもを潰したら、そこに合挽きミンチを加え、適度な大きさと形に整え、ラク揚げパン粉をまぶしていきます。



準備ができたら、コロッケを揚げていきます。なかまでしっかりと火が通るように、まずは中火でじっくりと揚げ、最後に強火でカラっと揚げます。



揚げおわりました。後は盛りつけるだけです。



見た目は、普通のコロッケとなんら変わりません。



コロッケを割ってみると、じゃがいもよりも肉のほうが遥かに多く、高タンパク質で筋トレに適していることがわかります。

味としては、コロッケとメンチカツの中間的な味わいで、なかなか美味しかったです。

是非、お試しください。

スポンサーリンク