【筋トレ向き最強卵焼き】赤身牛肉ステーキを入れて筋肥大バルクアップに最適化したレシピ



筋肥大バルクアップ筋トレに最適な卵焼き(ステーキ入り)を作りましたので、そのカロリー・栄養素を公開するとともに、具体的な作り方レシピをご紹介します。

●ステーキin卵焼きの材料・カロリー・栄養素




材料はいたってシンプルで、脂身のない赤身牛肉ステーキ300gと卵2個です。そのカロリー・栄養素は以下の通りです。

〇卵2個100gのカロリー・栄養素

エネルギー:151kcal
タンパク質:12.3g (49.2kcal)
脂質:10.3g (92.7kcal)
炭水化物:0.3g (1.2kcal)

〇赤身牛肉300gのカロリー・栄養素

エネルギー:381kcal
タンパク質:63.6g (254.4kcal)
脂質:11.7g (105.3kcal)
炭水化物:0.9g (3.6kcal)

これらを合計するとタンパク質約75g(300kcal)に対して筋肉合成カロリーが約200kacalとなり、とても高タンパク質低カロリーで筋トレ向きであることがわかります。

もちろん、これだけでは筋肥大バルクアップに必要な栄養素比率、タンパク質:筋肉合成カロリー=1:2~3にはカロリーが不足しますので、ご飯一膳250kcal追加することで最適な栄養素バランスになります。

それでは、次の項目では具体的な作り方をご紹介していきます。

●ステーキin卵焼きの作り方レシピ




まずは、赤身牛肉ステーキに塩コショウをし、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。



このような感じに焼き上がりました。これを卵焼きの具として入れていきます。



卵焼き器に溶き卵を入れ、先ほどのステーキを乗せます。



後は、普通の卵焼きを作る要領で巻いていき完成です。



食べやすいように、一口大にカットして盛り付けました。

簡単に作れて、美味しくて、バルクアップ筋トレとの相性も抜群ですので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク