【筋トレ向きマルシンハンバーグ】バリエーションごとのカロリー・栄養素も解説



フライパンでさっと焼くだけで美味しく便利、レトルトハンバーグ界のロングセラーと言えば「マルシンハンバーグ」ですが、今回はノーマルバリエーションのほか、「ハーブ&レモン」、「5種のチーズ入り」、「ブラックペッパー」もあわせて調理・試食しましたので、それぞれのカロリー・栄養素とともにご紹介します。

●マルシンハンバーグのカロリー・栄養素



マルシンハンバーグ(ノーマル)1個75gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:202kcal
タンパク質:11.0g
脂質:9.1g
炭水化物:1.3g

マルシンハンバーグ(ハーブ&レモン)1個75gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:201kcal
タンパク質:9.5g
脂質:13.4g
炭水化物:10.1g

マルシンハンバーグ(5種のチーズ入り)1個75gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:189kcal
タンパク質:9.2g
脂質:13.0g
炭水化物:8.0g

マルシンハンバーグ(ブラックペッパー)1個75gあたりのカロリー・栄養素

エネルギー:190kcal
タンパク質:10.1g
脂質:13.1g
炭水化物:7.9g

いずれも、タンパク質を多く含み、なおかつ十分な筋肉合成カロリーを含んでいることがわかります。

●マルシンハンバーグの焼き方




マルシンハンバーグの美味しい焼き方をご紹介します。マルシンハンバーグの表面には、すでにラードが塗布されていますので、テフロン加工のフライパンで油を使わずに焼いていきます。

まずは、片面を「ほんの少し焦げ目がつく程度」に焼きます。



このような感じです。

このあと、裏面を「しっかりと焦げ目がつく程度」に焼きます。



このような感じです、これで、「表面はカリッと、中はしっとり」の状態に焼きあがります。



なお、マルシンハンバーグ公式の美味しい焼き方動画がこちらになります。あわせてご覧ください。

●マルシンハンバーグの試食




実際に4種類のマルシンハンバーグを試食しました。それぞれの感想は以下の通りです。

ノーマル味


昭和の時代から変わらない、いつもの美味しさでした。

ハーブ&レモン味


しっかりとハーブの香りとレモンの酸味が効いており、少しお洒落な感じの味わいでした。

5種のチーズ入り味


濃厚なチーズの香りがとても美味しかったです。意外と一番カロリーが低いのでダイエット向きです。

ブラックペッパー味


ブラックペッパーがピリッと効いており、おかずだけでなくおつまみにもおすすめです。

●マルシンハンバーグの詳細情報


社名:株式会社マルシンフーズ本店:栃木県真岡市大和田1番地20東京事務所:東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル7F創業:昭和35年9月設立:昭和55年1月資本金:1億円代表取締役:荻野 智弘従業員数:200名(平成25年10月現在)事業内容:加工食品製造販売

参照先:マルシンハンバーグ公式ページ

スポンサーリンク