【自作うなぎランチ】筋トレの筋肉痛時にはコンビニ弁当より自炊



ハードに筋トレをして筋肉痛がつらい時には、コンビニ弁当などで済ませずにうなぎ弁当を自作することをおすすめします。

●うなぎのカロリー・栄養素


・高タンパク質で適切なカロリー・ビタミン・ミネラルを含む




弁当用のうなぎは、このようにフライパン一つで加熱するとスピーディーでおすすめです。

気になるウナギ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:293kcal

タンパク質:23g (92kcal)

脂質:21g (189kcal)

炭水化物:3.1g (12.4kcal)

筋肥大にはタンパク質だけでなく、その倍量の筋肉合成カロリーが必要ですが、ウナギには最適なバランスでタンパク質とカロリーが含まれており、筋肥大筋トレに最適な食材の一つと言えます。

また、サプリメントなみにビタミン・ミネラルが豊富なことも見逃せません。

うなぎは若干高価ですが、こちらの記事でご紹介している特大品は、かなりグラム単価が安くておすすめです。

筆者も、サプリメントだと思って定期的に購入しています。

●うなぎ弁当の作り方レシピ


・二段式+卵でタンパク質強化




まずは、薄くしいたご飯の上に焼き海苔と細切りウナギを乗せます。



その上に、また薄くご飯をしきます。



卵焼きを作ります。



あとは、先ほどのご飯の上に卵焼きと温めたウナギを置いて出来上がりです。

スポンサーリンク