【筋トレ後の餃子の王将】筋肥大のために選ぶべき3つの中華料理メニューを厳選



筋トレを頑張ったら、その後に餃子の王将に行ってガッツリ食べたくなることも若い男性ならばよくありますよね。そこで、筋トレ効果を高める高タンパク質中華料理メニューを厳選してご紹介します。

●まずは餃子




やはり、餃子の王将で外せないのは「餃子」です。その成分は以下の通りです。

【餃子6個あたり】
カロリー:346kcal
タンパク質:12.8 g
脂質13 g
炭水化物43 g

理想の比率はタンパク質:炭水化物=1:2なので、やや炭水化物が多目でカロリーも高めですが、かなりのタンパク質を含んでおり、バルクアップには適切な食品と言えるでしょう。

●そして唐揚げ




そして、副食のメインとしておすすめなのが唐揚げです。王将の唐揚げはむね肉なのでカロリーが低めなのもベストですね。その成分は以下の通りです。

【唐揚げ5個あたり】
カロリー:395kcal
タンパク質:25.0g
脂質:26.5g
炭水化物:8.9g

タンパク質はたっぷりで、意外にカロリーは低めです。やはりむね肉を使っているためですね。これならカロリーをあまり気にせず食べられます。

●仕上げに天津飯




仕上げにご飯ものを頼むのなら、炒飯よりも天津飯の方が高タンパク質低カロリーで筋トレむきでしょう。その成分は以下の通りです。

【王将の天津飯】
カロリー:796kcal
たんぱく質:32.3 g
脂質19.5 g
炭水化物94.3 g

ご飯ものながら30gものタンパク質を摂取することができ、脂質が少なめなのでカロリーも抑えられます。

スポンサーリンク